ベランダ・屋上の防水工事

外壁の張り替えなら外装張替ラボにお任せ!

防水工事の種類と費用

ベランダや屋上の防水工事は、雨漏りなどの雨水の侵入を防止するために定期的なメンテナンスが必要です。防水工事の工法の種類には下記の4種類が主流で、施工面積や予算・耐用年数などによって最適な工法をご提案します。

工法の種類 費用 耐用年数 防水工事・工法の特徴
ウレタン防水 一般的 10~12年 改修工事が簡単、廃材が出ないので工期・費用を抑えることができる。
シート防水 安価 10~12年 厚みが薄いので損傷しやすいが、工期・コストを抑えることができる。
FRP防水 一般的 8~10年 施工中の臭気はあるが、軽量強靭で耐水・耐候・耐食性に優れている。
アスファルト防水 高価 15~20年 防水層が厚く、施工のばらつきも少なく耐用年数が長いので安心。
  • 防水工事の施工箇所が面積の大きい屋上なのかベランダなのか。
  • 耐用年数を重視するのか低コストでの施工を重視するのか。

これらのような、施工箇所の特徴やお客様のご要望を総合的に判断して最適な防水工事の内容でお見積りをお作りしご提案させて頂いております。可能な範囲でお客様のご要望にお応えしたいと思いますのでお気軽にご相談ください。

防水工事の最適な施工タイミング

屋上やベランダの防水工事の施工をするタイミング(時期)は、意外と難しいかもしれません。雨漏りが発生したりカビや苔が発生している場合は、早急な防水工事が必要な状態で、シートが剥がれたり破れてしまっている場合も早めの補修工事が必要と言えるでしょう。
しかし、上記のような分かりやすい劣化状態になってしまうと、補修工事の際に費用が大きくなってしまうという可能性もあるので、少しでも「そろそろ防水工事の時期かな?」と思ったら、専門の会社に一度見てもらうことをオススメします。

防水工事の施工の流れ

防水工事には、上記のようにいくつかの施工方法がありますが、屋上の形状やベランダに設置してあるもの、床部分・立上り部分の劣化状況によって施工方法が様々です。
一般的な屋上の防水工事(ウレタン防水絶縁工法)の施工の流れをご紹介しますのでご参考ください。

屋上防水工事の施工事例

↓タップですぐにお電話できます!↓

0120-162-716

外装張替ラボは各種外装リフォーム工事に対応可能!!

  • 外壁の張り替え工事
  • 外壁の重ね張り工法
  • 外壁の塗り替え工事
  • シーリング補修工事
  • 屋根の塗り替え工事
  • ベランダ・屋上の防水工事
  • 外壁タイルの張替工事
  • ブロック塀の補修工事
0120-779-103

年中無休!お気軽にお電話ください。
営業時間:9:00〜19:00

無料見積り依頼はこちら