カテゴリー別アーカイブ: 建築の雑学

"ご安全に”

ここ数十年来、建設業界の朝礼等の挨拶として、”ご安全に”と云う言葉が当然の如く

使われていますが、昔は特に建設現場でのお互いの挨拶は、「おはよう・こんにちわ・

さようなら」が一般的でした。

何故、この言葉に変わったか・・・については当たり前になり過ぎて殆どの人は知らないの

が現状です。

答えは、夜間工事はさておき、建設業に携わる方々は朝7時頃から夕方5時頃迄が一般的

な作業時間帯でした。

しかし、高度成長期あたりから建設業界も朝から勤務する人・昼から出勤する人・夜から

出勤する人・・と職種によって様々です。

つまり、夕方又は夜に出勤する人が朝出勤した人と行き違いになります。

その際、お互いの挨拶の言葉は全く逆ですね。

そこで、昼夜関係なくお互いの挨拶としての共通用語として”ご安全に”と云う挨拶用語が

一般的な挨拶となったと記憶しています。

また、この用語(言葉)の発祥は「某製鉄会社」が二直三交代等の変則勤務をしなければ

工場の機能がストップしてしまう!!と云う必然性から生まれたとも聞いています。

それが時代の変化(経過)とともに”当たり前の様に使われているのが現実です。

しかも、工事施工の原点であり、最優先すべきは「安全第一」である事は、今更云う迄も

有りません。      ”ご安全に”   !!!!!!