月別アーカイブ: 2013年5月

仲の良い居酒屋での話

昨日は最近知り合ったある会社の人たちと、私がいつも利用させてもらっている

竹ノ塚にある大松にいってきました。

もつ焼きが美味しいお店で、マスターも気取っていなく下町風情漂うお店です。

私は外壁塗装、リフォームの会社ですが、居酒屋さんには色々な業種のかたがいて、

自分の知らない事や、自分の知っている塗装の知識などで話をし、互いに社会勉強になり、

楽しい居酒屋さんで、私の癒されるオアシス的なところです。

昨日一緒にいった会社の人は、あるポイントの会社なんですが、先週ベトナムに新規開発に

行った話を聞きました。

我々日本人に対して親日感情が強いと聞いていたのですが、また違った意見もききました。

それは戦後の日本のような、発展途上の国で今まさにハングリー精神に満ち溢れる国みたい

で、親日感情が見えるどころか、みんな必死に生きている光景だったみたいです。

言葉も違えば、考え方も違います、しかし生きるために知恵、知識を最大限に活用し頑張ってい

る姿をみて感じたみたいです。

裕福になり物に満ち溢れている我々は、何か忘れてきているのではないかと・・・・・。

考えさせられました

昨日のひと時の時間でしたが、自分の仕事に対する姿勢、気持ちにも反映できる時間になりまし

た。

今日は会社の給料日です、各所、塗装現場、外壁塗装やリフォーム工事で汗を流している

スタッフを労う一日です。今日はピザで乾杯したいと思います!

明日からまた新規な気持ちで6月に向けスタッフ一同、頑張ります。

 

 

 

最近増えて来て嬉しく思っていること、外壁塗装を施工した・・・・。

最近嬉しく思っていることがあります。

それは、いままで外壁塗装をさせて頂いた顧客様から

いろいろなご相談が増えたことです。

そのお電話は施工して何カ月~3年くらいのお客様が多いのですが、

「丸巧さんは塗装以外もいろいろやっていただけるのよね?」

そのような言葉の始まりからの問合せです。内容を並べますと

「キッチンが古くて使いづらい」「給湯器がもう寿命みたいなの」

「介護者用に家の中各所に手摺を付けたい」「トイレにシャワートイレを」

「サッシを2重にして省エネにしたい」「床暖房を考えたいのだけど」

「網戸の張替えくらいでも来て下さる」「今のお風呂が汚くて・・・」

「和室を洋室に変えたいのだけど」「太陽光発電について教えて欲しい」

などなど、塗装以外のお話を掛けて来て頂きます。

丸巧はリフォーム工事全般を施工させて頂いてますのでお受けすることが

出来ます。

このような、お問合せが増えたのも、確かにホームページの充実も一因に

あるかとは思います。しかし、私が自負するに、

外壁塗装の施工時に「しっかりとした施工」「安心出来る施工」「対応力」

「お客様への感謝の気持ち」などの、丸巧1人1人の一生懸命さがお客様に伝わり、

「丸巧」に頼めばなんとかしてくれる。」と思って頂いたからこそ!と思います。

それが、私にとっては すごく すごく ものすごく 嬉しいことなんです!

どうぞ皆様、お気軽に何でもご相談下さい。(小池)

日本の四季から花の美しさを感じ考えられた、外壁塗装の色彩!

日本には「四季」があります。これは、まだ若かりし頃、海外工事にて数度、長期出張を

していた頃(特に赤道直下付近)外から見た日本の四季を改めて感じました。

その中でも”季節の移り”を自然の中でより鮮やかに彩るのが”花”の存在です。

当社では、「家」も「暮らしも」鮮やかに、お化粧直しが出来る「ハナコレクション」と

いう外壁材料を使用した施工もさせて頂いて居ります。

清涼感のある色、元気を与えてくれる色、愛情いっぱいの色、安堵感を与えてくれる色・・

お気に入りのカラーに囲まれて過ごす日々はきっと皆様のライフスタイルまでも変え、幸

せにしてくれることでしょう。住まいの表情が変わると、身も心も変わります。

ある種のアロマセラピー効果でも有ります。

皆様のハッピーライフを叶える我が家の”お化粧直し”を「ハナコレクション」で楽しんで

みませんか!!!!!

人の持っているオーラ

困っている人がいたら、助けたくなる、人が喜ぶ顔が好き、

誰かの為に、その人が幸せになるきっかけは何でもよい気がします。

 

先日も、ある営業マンが会社に来ました。

最初は仕事の話も真剣にしていましたが、いつの間にか人間同士、気が合う気が合わない

もあると思います、その営業マンがどんなに言葉が綺麗で言葉が達者でも、人は生きて、人生を

積み上げていく中に、自分でも理解できないような力を身につけていますね。

私も些細な会話から、その営業マンが好きになりました。言葉ではありません、何か目で見えな

いオーラが私とあいました。

説明できない、でもこの人だったら・・・

人は自分のために壁を作り限界にしてしまいがちです。

しかし人のために頑張っているときは、不思議と壁もなくただ頑張れたりします。

営業マンだろうが職人だろうが、人の為、お客さんの為、に向きあうオーラ、

絶対に騙す事なんかできないのです。

お客様のため、私たち丸巧も、そんなオーラに包まれた会社、人間性を磨きます。

 

 

 

寿司屋のうめさんが、珍しく外壁塗装のはなしを・・・

この前日曜日に、某場所で行きつけの寿司屋の梅さんに会った!

小池さんは塗装屋さんだったよね!唐突に聞かれびっくりした。

それまで、今日のダービーは「キズナ」だ、絶対だ、久々にG1豊かだ

と話していて、「いやいや、引っかかるし、多頭数、飛び込んできて3着」

と私が答え・・・。そんな時になぜ・・・・・。

最近梅雨入り前に、飛び込みで来る塗装屋の営業が増えて、

うちはこの塗料を格安で・・・。うちはこの塗料をこんな値段で・・・。

みんな塗装の腕の話をせずに、塗料の話ばかり。

人一倍気の短い「昔ながらの職人」の梅さんは、講釈は聞きたくない!

もっと「うちの職人の腕は世界一」くらいのやつはいないのかね・・・

と嘆いたそうです。でも、でも、知らないことは嫌なタイプの梅さん、

どうも頭の中で気になって気になって・・・。ということ。(笑)

梅さんには、より簡単に説明しましたが、ここでは文章でなるべく簡素化して!

1、 アクリル系  一番低価格 耐久年数の目安 5年くらい

数年前までの外壁塗装塗料の標準的グレード

 

2、 ウレタン系  一般的価格 耐久年数の目安 7年くらい

今現在の外壁塗装の標準的グレード

 

3、 シリコン系  少しだけ高価 耐久年数の目安 10年くらい

建物を大事にケアする期間として、コスト的にも良

ツヤの良さや、汚れにくさ、価格以上の達成感がある

丸巧の標準仕様として一番多く出ています。

 

5、 フッ素系   ずば抜けて高い 耐久性と価格が高く金額に見合っていない

塗料だけの性質を考えると15年もつのかもしれないが、

シールの部分、付帯の部分、下地の持ちなど総合してみると

金額に見合わずお勧めできない。

外壁よりも先に痛んでくる、付帯部の塗装にフッ素を使用し

全体的に診断し、10年をめどにケアを考える形を丸巧は

お勧めしています。

 

こんな感じでいかがでしょうか?

ちなみに、ダービーを「キズナ」で取った梅さんは、もう塗装の話は口に出していません。

江戸っ子だな・・・・。

 

<<外壁塗装の調査やご相談は、東京・埼玉・神奈川・千葉で実績のある丸巧へ>>

梅雨に悪徳リフォーム業者が増える!?

弊社は毎年そうですが、梅雨入りしてからの外壁塗装、屋根塗装の依頼が増加します。

夏休み前、お盆目に綺麗にしておこう、台風の前に対策を、色々なご意見がありますが

中でも一番多いいのが、色々な業者が頻繁に営業活動を行う時期だからみたいです。

天気の不安定な時期に営業活動が頻繁になり

弊社には沢山のご相談が多くなるんです。

ただし、多くのご相談頂くお客様のお住まいを拝見しますと、残念ながら

メンテナンスした方が良いケースの方が多いいですね。

価格の面や信頼できる事などを視野に入れられているお客様は、

必ずと言っていい程、ご質問やご相談を頂きます。

たまに面白い他社にもめぐり合います。

弊社アドバイザーの山口から聞いた実際にあった本当の話です。

塗料の種類も書いていない、外壁面積が㎡ではなくm、単価が7000円、質問しても答えられな

い、健全な塗装業者の方ならわかりますよね。

要するに素人が営業活動している場合もあるのです。

それではお客様も不思議がって相談しますよね。

是からの時期は特に悪徳リフォーム業者に気を付けてください!

外壁塗装や屋根塗装の事なら今すぐ丸巧に相談

 

 

高額な塗料ってどうですか

高額塗料と言うのは、光触媒、ガイナ、アステックなどでしょう。

大変すばらしい機能性を何種類も持っている特性があります。

高額でもしょうがないと言えばしょうがないです。

塗料の持っている機能は防水性や耐久性、遮熱性、断熱性、防藻性、防黴性

伸縮性、親水性などです、これらの性能は一回塗や2回塗りでは数種類の機能しか

選べません。

一般的に知られている塗る回数ですが、下塗りを合わせ3回塗りです。

高額な塗料と言うのは何層も塗料の異なった機能を塗る事でできる

最高峰の塗膜なんです。

ですから高額な塗料は3回塗りではなく5回塗り6回塗りの方が多いいですし

施工日数もその分増えます、作業人数も増えます、塗料の材料も増えます。

(フッ素は3回塗りでもOK!材料は高額ですが)

手間賃も材料費も増えれば当然のことです。

1回塗る事に塗料が壁に塗られ壁に付く塗膜は厚くなります、イコール塗膜の層が増えることで

耐久性は増します、だから耐久年数10年以上の自信があるのです。

今主流のシリコンでは7年から13年、10年前後の耐久性で遮熱、断熱以外の効果は発揮しま

す。

ポイントは塗る回数を増やせば当然高額になります、なので耐久性は上がります。

他にも色々な方法もあります。

中塗りに断熱効果がある関西ペイントのドリームコートを塗って最高級シリコンを塗れば耐久性

も上がり、断熱の機能も増やせます。

また日本特殊塗料でも遮熱塗料プラス断熱効果、防音効果まである塗料もあります。

しかしどれも高額な商品です。

塗装業者が高額な商品を販売したいわけではないので、お客様のコストへの考え方や

施工日数の考え方を考慮しお考えになれば

最適な外壁塗装が出来るのではないでしょうか。

 

外壁塗装のことなら付帯部がフッ素標準仕様の丸巧

 

外壁塗装・・梅雨時期

当サイトをご覧頂き有難う御座います。

そろそろ、梅雨時期ですね!

梅雨になると心身共に「ジメジメ」し、なんとなく憂鬱です。

また、雨漏りや外壁部のクラック等からの浸み出しも出てきます。

このタイミングで早めに外壁補修や塗装をご検討されては如何でしょうか!

ほんの些細な事でも結構ですので、お気軽に当社へお問い合わせ頂ければ幸いです。

 

梅雨時期の雨漏り対、補修工事依頼相談は丸巧

 

一般の人でもわかる、外壁塗装 目安は?

こんにちは。今回は簡単に外壁塗装の目安を話したいと思います。

このまえ、異業種セミナーに出席した時、足立区内の洋食屋さんの

オーナー兼料理長さんでした。

食材の鮮度は、魚だったら「目」をみたり、肉だったら色合いを見たり・・

外壁塗装ってどうなんですか?やっぱり見た目の汚れですか?

私の回答としては、

使用する塗料の種類によって違いがありますが、大体は7年から10年

が目安になります。ただ、さあ、そろそろと思う準備が必要ですよね・・・。

だいたい、5年目あたりを境に初期症状が出始めます。

1、初期症状 第一

  直射日光など紫外線による変色やチョーキング現象

  発見:一度ご自宅の外壁を触ってみて下さい。粉みたいなものが手に

      付着します。それが損傷の第一段階です

2、第二段階

  雨水などの影響で外壁にコケやカビ、藻などが出来てきます

  発見:目で見て確かめて下さい。この段階ですと、外壁はだいぶ

      弱っています。雨水などが浸水している可能性があります。

3、第三段階

  ひび割れを起こしたり、剥がれ落ちたり、膨れが出来てきます。

  発見:膨れている部分を指で押してみて下さい。割れて中の水が出てきます。

 

  外壁は自分で劣化具合の黄色信号を、その都度その都度だしています。

  こまめに見て、感じて、ケアをしてあげたいですね!

 

  <<外壁塗装の診断・相談・見積もりは、1都3県安心施工の丸巧にご相談>>

 

家のメンテナンスの必要性

家のメンテナンスは細目に手をかけ、早めの修理、補修する事で

後悔しない外壁の塗装やリフォーム工事が出来ることを最近、さらに痛感しています。

一度悪くなって、さらにほっておいて悪化してしまえば、2次災害の雨漏れ

3次災害の壁面内の腐食など、最悪なケースが予測できます。

そもそも外部の塗装や、屋根の塗装の効力は、物を守って悪化させないための

メンテナンスと言うことを理解することが大切です。

塗装の防水性が無くなって、すぐに雨漏りの原因にはなりません

ここでは、屋根の種類や塗装の防水性などをご説明します。

屋根の種類にはスレート屋根や日本瓦や鉄製屋根など様々な製品があります

この製品は防水加工や様々な災害から守る加工が施してあります。

しかしこの防水性は永久に機能するわけではありません。

365日年中無休で紫外線や雨から守ることで、徐々に機能が低下していきます。

新築であっても10年前後でのメンテナンス、

塗り替えの場合でも10年前後を推奨しています(塗料のグレードでかあります)

そもそも屋根は壁の約2倍以上の紫外線を浴びるので、耐久性を最も必要とする

部分なのです。屋根の仕組みをスレート屋根でご説明します

先ずは紫外線、雨水から守る塗装

防水シートを守るスレート

防水シートで守る野地板

このように家を守る屋根には様々な工夫が施してあるのです。

ですから塗装の防水性が無くなっても、スレート自体に雨水が浸透するといった現象が起こるだ

けで、すぐに雨漏れの原因にはなりません、雨漏れの確率が上がったと知識で覚えておくことが

必要です。

その後も、そのままにしておけば、さらに雨水が浸透し防水シートとスレートの空間に湿気が溜ま

り、防水シート、スレートが腐ったり、ちぎれたりします。

そして直接野地板に雨水が浸入する事で雨漏れが発生するのです。(これはあくまでも一つの例

です)

なんでも早めが良いんだなと私事ですが思います。

最近奥歯が虫歯になりかけていることにきずいて歯医者に通っています。

昨年も虫歯をほっといたら大変ことになってしまい、顔は張れるし

ガンガン頭が痛く何も集中できなくなってしまいました。

何でもそうですが、早めの治療こそが後悔しない事になるのだと思い

今回は、すぐ歯医者に行きました、御蔭で簡単な治療で早く回復しました。

メンテナンスは必要です。

外壁塗装や外壁リフォームのことなら低価格で高品質な施工が可能な丸巧