月別アーカイブ: 2013年7月

塗料・インキ業界の売上高ランキングが掲載されていました。

こんにちは、丸巧(まるこう)の小池です。

上場企業一覧という情報サイトに、塗料・インキ業界の売上高ランキングなるものの

紹介がありました。あ、お付き合いのある会社だ!とか、名前も全然しらないや!ですとか

みていて、こんな感じなんだと「へー」と思いましたのでコラムに書いてみました。

1位 DIC  1937年創業で1950年上場した会社 印刷インキで世界トップシェアー

2位 関西ペイント 1918年創立で1949年上場 総合塗料メーカー

3位 東洋インキSCH 1907年創立で1961年上場 凸版印刷、印刷インキ事業など

4位 日本ペイント 1898年創立で1949年上場 塗料工業のパイオニア

            ライバルとの競争のため60億の試験研究費を使った年も有った。

5位 大日精化工業 1939年創立で1961年上場 色彩の総合メーカー グラフィックなど

6位 サカタインクス

7位 中国塗料

8位 エスケー化研

9位 大日本塗料

10位 T&K TOKA

11位 東京インキ

12位 日本ピグメント

13位 オリジン電気

14位 太陽ホールディングス

15位 日本特殊塗料

16位 大伸科学

17位 神東塗料

18位 ロックペイント

19位 星光PMC

20位 菊水化学工業

21位 トウペ

22位 アサヒペン

23位 ナトコ

24位 日本ユピカ

25位 アトミクス

26位 パウダーテック

27位 イサム塗料

28位 川上塗料

売上高=優良企業とはけして言いませんが、情報化時代で、新しいものが早く早く

必要を迫られる現代で、それだけ売上を維持している会社さんは、それだけでも

すごいんだなと思い、今回ここに掲載してみました。

ご紹介まで!

気持ちで動く人間

おはようございます

今日で7月も終わりですね

早いもので今年も残す所、5ヶ月ですね

年を重ねると年々歳月の流れるスピードが速まっていって

やり残している事があるのではないかと不安になります。

何かの本で見たんですが

年代で歳月のスピードが変わる事が書いてありました

馬車で例えるんですが

10代が一騎馬で20代が二騎馬30台が3騎馬・・・・

ドンドン馬が増えていき歳月のスピードが上がるんですね

なんか怖いですね・・毎日戻れない日がただ過ぎ去っていくなんてことにならないように

後悔しないように常に前向きなイメージを持ち続けたいものです。

特に最近、思うことがあります

会社には色々な性格の人間がいますが

その人一人一人の才能を見出しながら適材適所に配属したり

トータルマネージメントができる人間は必要不可欠です。

人が増えればコミュニュケーション不足になり、上の人間に近ければ近いほど

発言に重みが出るものですが、その人間が一緒に悪口を言う人なのか

話をしっかり否定しないで聞いてあげられる人なのか、プライベートの相談も聞いてあげ

られているのか、様々なマネージメントの仕方で、会社は変化していきます

弊社も今まさに大きな分岐点に立たされています

一般住宅様からの工事依頼、企業様からの工事依頼、これからは官公庁の仕事に向けても

動いています。

社員の適材適所に大きな飛躍のカギがあり、本当の意味でのパートナーが確実に浮き

彫りになる事でしょう。

お金や権力だけがほしい目先人間ではなく、気持ちで動ける人間に育て上げる事こそが

社会(お客様)に貢献し、社会からの報酬で経営維持させて頂けるのです。

自分を犠牲にし、人に力を与えられる人間性を天性だとは思いたくありません。

皆で良くなろうが弊社の今年のスローガンです

毎日働けるのは社会のおかげです、喜びを噛みしめ貢献し、頑張ろう!

気持ちの継続こそが力になります。

 

 

 

 

 

外壁塗装を東京、埼玉、千葉、神奈川でするなら無料見積り相談の丸巧!

http://maru-kou.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

失敗しない色選び

今日は家屋の外壁塗装や屋根塗装をする際に楽しみな色選びについて

失敗しないポイントをご紹介します。

色を選ぶ時には専用の色見本帳やカラーサンプルで決めていきます

実はそこに大きな落とし穴があるんです。

色を選ぶサンプル版や見本帳は小さく

屋根や壁のように大きな面積に選んだ色を塗った場合は、薄く見えてしまうんです。

これを専門用語で面積効果と言います。

この面積効果に対しての対策を簡単にすることが出来ます。

選らんだ色よりもワントーン暗い色を選ぶ事で対策出来ます

上記のポイントを使って失敗しない外壁塗装に役立ててください。

 

失敗しない外壁塗装の色選びは丸巧にご相談ください!

http://maru-kou.jp/

 

 

今日は明るい話題と思い、失業率のお話。

こんにちは、丸巧(まるこう)の小池です。本日のお話は「失業率」改善のお話。

総務省の30日付の発表を見ました。2013年6月の完全失業率が前月から比べて

0.2ポイント減りまして、3.9%になったそうです。

この数字は、まず、3ヶ月ぶりの改善であるということと、3%台になったのは、あの

リーマンショックの有った2008年10月以来の4年8ヶ月ぶりとのこと。

リーマンショックが有り、2008年10月の翌月からは、どんどん上昇し、2009年5月

には5%台にまでなったそうです。

失業者の数で見てみると、6月は260万人で、前年同月に比べると28万人の減少で

37ヶ月連続で減っているそうです。

まだまだ、私自身は、景気が回復してという実感は持てていませんが、風評というものが

だんだんと一人歩きしながら、全体的に景気回復が感じられるように活発化されれば

良いなと日々思っています。

ですので、今回、このニュースは明るい兆しだと思い取り上げさせていただきました。

 

外壁塗装、屋根塗装で大切なご自宅のメンティナンスはいかがですか?

http://www.maru-kou.jp/

低価格で高品質な施工が可能な丸巧(まるこう)にお任せ下さい。

 

本日のコラムは外壁塗装時の色選びについてです。

こんにちは、丸巧(まるこう)の小池です。本日のコラムは色選びです。

外壁塗装をしようと思った要因に、外観が見た目汚くなったからというのが

強い要因になっているのは、昔から変わらないことと思います。

今は、情報も多く取れて、メンティナンスの要素が多く語られますが、

やはり、多くは、直感的に汚くなったが主要素と考えられます。

そして、昔は、汚くなったから新しく元のように塗り替えよう!から、今は

外壁の色自体を個性的に考えて、財産である我が家を主張しようという

考えにも変わりつつあります。

特に、家の中のことは奥様の領域、家の外部はご主人の領域だったものが、

庭いじりも奥様主体だとか、外観の見た目も奥様主体というご家庭も増えて

きています。「亭主元気で留守がいい」の表現は変わらずに、内容が変化して

来ているようですね(笑)。

お聞き取りをするアドバイザースタッフも感じ取っているようです。

昔はご主人との色打ち合わせでも、今の外観と同じようにとか、周りのお宅に

合わせた感じでとか、色の変化も少なめでしたが、昨今は、色に対しての拘り

が強い方が多くなっているのと、奥様の意見がより強くなっている。とのこと。

そこで、失敗しない色選びのコツを一つ、同じ色の色紙を四角い1/10 くらい

のものと、1のものと用意し左右に置いてみてください。必ず大きいほうが色が

明るく見えると思います。これは目の錯覚なんですが、小さい面積では暗く、

大きい面積では明るくみえてしまいます。塗装見本のサンプルをご提示した際も

この現象は同じです。実際に外壁塗装を塗り終えてみると、大きな面積の外壁では

サンプルよりかなり明るく見えるはずです。その点に注意して色を選ぶことを

お勧めいたします。また、カラーサンプルも家の中の電灯の光より、昼間の外の

日の光の下で確かめる方が、よりしっくりくると思われます。

また、多様な色合いを好む方には、日本の四季の花の色あいを考えて作られた、

「ハナコレクション」という日本ペイントさんの塗料をお勧めします。

当社は数少ない「ハナコレマイスター」と言って、日本ペイントさんが厳しい試験をして

合格した人だけに与える「マイスター」という称号を持った人間がいる施工店です。

色選びを、きっと楽しむことが出来ると思います。

 

日本ペイントさんが認定した「ハナコレマイスター」がいる施工店の丸巧

http://www.maru-kou.jp/

多彩な色の中から、きっとあなたに合った色が探せます。

外壁塗装の適正知識

家屋で傷みやすく、雨漏れの原因になる箇所はどこでしょうか?

家屋もメンテナンスで最も低価格で雨漏りの対策が出来るのは塗装です

そして傷みやすい箇所は屋根です

もっとも痛みやすい屋根を塗装の力で守りましょう。

とくにこの暑い時期に同時に起きる台風、ゲリラ豪雨で雨漏りが発生する事も

少なくはありません。

手の施しようがないくらい屋根が傷んでいる場合は塗装の力では守る事さえできなくなり

ます。

傷みすぎている場合は、屋根を全て取り替える等の大きなリフォーム工事に発展する場合

もあります。

対策としては外壁塗装と同時期に屋根の塗装を行う、また塗装が出来ない屋根の場合は、

補修をするようにしましょう。

家屋のメンテナンスのサイクル時期は約10年前後を推奨いたします。

10年を過ぎていて、家になんの変化(不具合)がなくとも、10年に一度の定期検診は

必要です。

見落としがちな小さな変化が大きくなる前に、補修、修理することで、費用対効果にあう

外壁塗装や屋根塗装が出来るでしょう。

同じ金額のメンテナンスをしても、家屋の状態次第では保証できない場合もあります。

その場合はワンランク上の塗料を選んだり、下地(壁、屋根)の補修、修理、処理をする

ことで、高額な費用になる可能性は否めません。

外壁塗装の相場は80万円前後、屋根塗装は20万円前後で合計100万円前後の金額が

適正な価格と言えるでしょう。

適正価格の100万円前後の費用に対して、下地処理費は含まれていますが、大きな補修

などがある場合は、1.5倍以上の金額になることがあり、適正金額でないという理解よ

りも、下地処理が多いい事や、ワンランク上の塗料を使わないといけない場合で高額にな

る事があると知っておくことが大切です。

一度に家全体のメンテナンスが出来る塗装は最も費用対効果がある工事です。

 

 

 

 

 

 

外壁塗装は東京、埼玉、千葉、神奈川で施工が可能な丸巧へ相談!

http://maru-kou.jp/

 

 

 

 

 

 

 

今日は日本の伝統的文芸、俳句とその季語についてお話します。

こんにちは、丸巧(まるこう)の小池です。

昨日、暑中お見舞いの話をして、古めかしい言い回しと若い人に言われました。

でも、こういうことも知っておかないと、とも言われました。

そうですね、日本の古き良きのものは、この先にも残していきたいですね。

そこで、ふと思いついたのが俳句の季語のお話。

俳句とは、5 7 5 からなる日本語の定型詩といわれています。

世界最短の定型詩とのことです。

17世紀にみなさんのよく知る「松尾芭蕉」が先人となり世に広まりました。

明治時代には「正岡子規」が本当の俳句という文化にたずさわり、後世では

さかのぼり、「俳人」として松尾芭蕉もくくりが一緒になったようです。

1年の季節季節に、それを表す季語というものがあります。

そのうちの少しをここで紹介したいと思います。

1月 新年 初鶏 初雀 初富士 若水 初詣 御降(おさがり:元旦に降る雨) 福寿草

   年賀 年玉 賀状 門松 屠蘇(とそ) 雑煮 注連飾(しめかざり) 数の子 羽子板

   毛毬 仕事始 初荷 宝船 初夢 万歳 小寒 七種粥 薺(なずな) 初卯 初寅

2月 立春 初春 早春 睦月 春浅し 旧正月 針供養 雪崩 奈良の山焼き 初午

   春寒 雪解 雪しろ 氷解 薄氷 白魚 公魚(わかさぎ) 鱵(さより) 焼野 猫の恋

   春時雨 春菊 蕗の薹(ふきのとう) 海苔 梅 紅梅 鶯(うぐいす) 黄梅 

3月 如月 雛市 桃の節句 白酒 菱餅 曲水 闘牛 春の雪 初雷 東風 若鮎 春の川

   御水取 諸子 鳥帰る 開帳 引鴨 引鶴 彼岸 彼岸詣 彼岸桜 北窓開く 炬燵

   胴着脱ぐ 茄子蒔く 糸瓜蒔く 木の芽 山椒の芽 慈姑(くわい) 韮蒜(にんにく)

4月 弥生 春の日 春の風 長閑(のどか) 初桜 入学 山葵(わさび) 春大根 桜餅

   椿餅 桃の花 梨の花 林檎の花 沈丁花 山椒の花 春の宵 春の月 桜鯛 桜貝

   鳥の巣 風車 風船 春光 菜の花 蜂 蜂の巣 虹 楓の花 水芭蕉 石南花 花見

5月 五月 立夏 子供の日 卯月 牡丹 更衣(ころもがえ) 端午 矢車 新茶 武者人形

   菖蒲湯 母の日 夏場所 風呂 繭 柏餅 祭 夏花 新緑 蚕豆(そらまめ) 豆飯

   罌粟の花 野蒜の花 アカシアの花 薔薇 卯の花 穴子 山女 麦 麦飯 飛魚

6月 皐月 花菖蒲 花橘 葵 梅雨 五月雨 出水 鰻 鈴蘭 入梅 田植 さくらんぼ

   早苗 代田 蛍 蛍火 源氏蛍 蛍狩 いさき あめんぼう 草取 夏の川 べら 鮎

   蟻 蚊長 葉柳 南風 青嵐 白夜 閑古鳥 草刈 夏服 夏衣 昼顔 苺 青葉

1月から6月までの半年分を記載してみました。

後半はまた次回にお伝えしたいと思います。

 

 

外壁塗装のご相談は、低価格で高品質な施工ができる、丸巧へ

http://www.maru-kou.jp/

施工エリア:東京都 埼玉県 千葉県 神奈川県

 

腹腔鏡手術

お早うございます、久々の更新になります。

一週間近く投稿できませんでした。

実は妻が手術をすることになり、一緒に頑張っていました。

毎日毎日、心配で不安な妻を近くで見ていて、かわいそうで、早く入院させ

手術をして安心させてあげたくて、半ば強引に入院させ手術をしてもらいました。

女性のデリケートな部分の手術だったので、インターネットなどで色々調べたり

していて凄く怖がっていました。

ネットは色々な情報が多く、良い事よりも悪いことが沢山書いてあるのだと思いました。

前向きに考えるなら、やはり専門家の意見を聞くべきですし、シロウトの意見よりも

プロのお医者さんに直接聞くことが一番の安心材料だと思います。

自分で調べれば調べるほど、違う病気じゃないかな?これがいけなかったのかなとか?

悩みが一つではなく、ドンドン増えていくことになり兼ねません。

もし同じように悩んでいる方がいれば、不安なことを紙などにまとめて、専門医に尋ねる

事が、前に進める方法だと思います。

そうする事で信頼できる病院や、先生を紹介してもらったりも出来はずですし、どうす

ればよいのか導いてくれます。

また家族や背中を押すことも大切です。

私の妻もそうでしたが、一緒に悩んで調べて、診断して、相談し、決断するのは、

もちろん妻ですが、背中を押してあげられるのは、家族や支えになってくれる人なんだと

思います。

妻もおかげさまで

廻りの先生や看護師の支えもあり大成功な手術が出来ました。

本当に感謝で本当に良かったです

妻もあんなに嫌がっていた手術も終わってしまえば、やって本当に良かったと

不安が取り除かれていました。

手術には当然リスクもあります。

しかし精神的な悩み事が取り除けることが何よりも救われる事なんだと実感しました。

また今の医学は凄いですね、腹腔鏡手術で開腹しない方法もあって

美容にも体力的にも回復も早い方法があって感心しました

今回わかったのは細目な診断など定期的な健診することが重要で

早めな治療が出来ることは幸せな事なんだと思いました。

また、びっくりしたのは

昨日退院した妻が、朝起きたら、お風呂の掃除をしていました

おいおいと思いましたが・・・大丈夫かな?

腹腔鏡手術は確かに凄いんだと思いますが・・・

下に母も住んでいるので、一緒に助けてもらいながら、しばらくはゆったりしてもらおう

と思います。

今日から私も新たな気持ちで丸巧スタッフと前向きに取り組んでいきたいと思います!

 

 

 

暑中お見舞いや残暑お見舞いについて。

こんにちは、丸巧(まるこう)の小池です。

皆様「暑中お見舞い申し上げます」。

季節の挨拶状の一つですね。最近メールで送る若い方も多いようですが、

年賀状と暑中お見舞いの二つだけは、はがきで出したいものですね。

この暑中お見舞い、いつまでが暑中でいつからが残暑かと後輩に聞かれました。

いろいろな諸説があるのですが、ここまでと言うのは一緒のようです。

暑中見舞いは

1、夏の土用(7月19日)~立秋の前の日(8月6日)まで

2、小暑(7月7日)~立秋の前の日(8月6日)まで

3、梅雨明け~立秋の前の日(8月6日)まで

残暑見舞いは結局

1、立秋の日(8月7日)~8月いっぱいくらいまで。

のようです。

その他の紹介としては、拝啓などの頭語や敬具などの結語は不要のようです。

また、続きの言葉の事例集もご紹介しておきます。何かのたしになれば幸いです。

「暑中お見舞い申し上げます」の続きは

・ 暑さ厳しい折柄、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。

・ 猛暑が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

・ 昨年にもまして暑さが厳しく感じられます。お体を大切にお過ごし下さい。

・ 炎暑酷暑のみぎり、皆様のご健勝とご自愛をお祈り申し上げます。

「残暑お見舞い申し上げます」の続きは

・ 立秋とは名ばかりの暑い日が続きますが、どうぞお元気で過ごされますよう。

・ 炎暑が続き本当の秋が待ち遠しい毎日ですが、お元気でいらっしゃいますか。

・ 暑さはおさまる気配もございません。御身大切にお願い申し上げます。

・ 冷夏となりましたが、かえって体調を崩されませぬようご自愛ください。

以上のように、安否をたずねる言葉や無事を祈る言葉が良いようです。

 

外壁塗装 屋根塗装などお見積もりのご依頼は、低価格で高品質な施工が可能の丸巧

http://www.maru-kou.jp/

施工エリア:東京都 埼玉県 足立区 神奈川県

当社丸巧(まるこう)の本拠地、足立区の平均寿命のお話。

こんにちは、丸巧(まるこう)の小池です。

本日のぶらり旅は、地域密着のお店として親しまれている丸巧(まるこう)の

お膝元、足立区のお話をコラムにしてみます。

「あだち」という広報誌があります。その1面に「葦立ち」というコラムがあります。

足立区町の近藤やよいさんが書かれているコラムというか広報です。

今回の内容は、足立区民の平均寿命について、男性77.89歳 女性84.61歳

私はこれを見て、結構高いんだなと率直に感じたのですが、実際には23区内で

いつも最下位争いをしている数字とのこと。区長はこう続けています。

「生活環境でさほど差があるとは思えない23区内で、どうして1.8歳も平均より

短いのか?」担当所管の衛生部の着目は「糖尿病罹患率」と「人工透析への移行割合」

が高いからとの結論にたっしたそうです。

「糖尿病発症」の原因の一つに「偏った食生活」が挙げられます。

炭水化物の食事がメインだったり、揚げ物のおかずがメインだったり、野菜の摂取量も

すくなかったり。肥満の元が、糖尿病の元にもなる、と話しています。

私にとっても耳が痛い話です。最近少しは気をつけているのですが、昔の検査で糖が

出てしまっています。

「合併症が怖いですよ」「足を切らなくてはならなくなりますよ」「目が見えなくなりますよ」

いろいろと忠告を受けていますが、なかなか改善できません。

足立区長さんも、足立区では糖尿病対策に的を絞った具体的な計画を策定し本腰を

入れて取り組んでいきます。と言っていて、9月10日号のコラムでお知らせすると

おっしゃっています。

私もこれに便乗し、本腰を入れてがんばってみようと思っています。

 

東京都足立区にて塗装工事のご相談は、地域密着型店舗の丸巧(まるこう)へ

http://www.maru-kou.jp/

施工エリア:東京都 埼玉県 千葉県 神奈川県