月別アーカイブ: 2013年11月

国民の祝日「勤労感謝の日」

こんにちは、今日は「勤労感謝の日」で祝日ですね。

丸巧は職人さんも営業さんも、今日も元気に働いております。

ちゃんと交代でお休みはしていますので、ご心配なく!

さて、「勤労感謝の日」について「うんちく」をひとつ。

この「勤労感謝の日」は国民の祝日として1948年(昭和23年)に制定されました。

それまでは、戦前より「新嘗祭」(にいなめさい/しんじょうさい)という国家の古くからの行事

が行われていたようで、この「新嘗祭」というのは、「瑞穂の国」の祭事を司る最高責任者である

大王(おおきみ)「天皇」が国民を代表して農作物の恵みに感謝する式典だったようです。

(新嘗とは、その年に収穫された新しい穀物のことを言うようです)

勤労の意味としては、「肉体的な労働によって物品等を生産するだけでなく、精神的にも

1日1日を真剣に考え物事の本質を深めていくこと、創造し、生産し、日々貴重な意義のある

生活を営んで行くこと」と文献にあるようです。

法律の定めとしては「勤労を尊び、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう日」とあります。

当社の社訓である、気持ち4カ条を思い浮かべました。

1番最初の「感謝の気持ち」

よりいっそう、その気持ちを考える日が「勤労感謝の日」でもあるのだと感じ入りました。

丸巧の日!のようですね。(笑)

皆様も、仕事仕事で忙しい自分にも!またそのお仕事を頂いている方々にも!

工事中にご協力頂いている近隣の方々にも!共に働いている仲間たちにも!

ご自宅を守って家事を頑張っている奥様方にも!感謝の気持ちを思い出しましょう!

 

大切なご自宅のメンティナンスをお考えなら、低価格で高品質な施工が可能な丸巧に!

http://www.maru-kou.jp/

施工エリア:東京都 埼玉県 神奈川県 千葉県

 

寒い日が続きます・・・

おはようございます、ばたばたと忙しく中々コラムをかけませんでした・・・

しかし毎日寒い日が続いています、厚着やマスクをして体調管理をしなければ寒さにやられてしまいます、私は体脂肪を溜めている割には寒がりで本当に燃費の悪い人間だと痛感します・・情けない。

この寒い時期に辛い作業と言えば、高圧洗浄やケレン作業中の突き指です

特に鉄骨階段などで錆をおとすケレン作業中に誤って指先を強烈にぶつけると全身血の気が引くほど痛いんです、高圧洗浄も下地を作るのに妥協できない作業なので、寒いからと言って一切手を抜けません、このデメリットを克服する方法はただ一つ『耐える』

そして体調を管理できるようにすることも大切です。

私もこの寒い時期を十年以上も職人として経験していますが、寒がりなので達磨みたいに着こなしては脱いでと体温調整が苦手な職人でしたが、今ではヒートテック等動きやすい便利なインナーがあるので達磨にならず助かっています。

体調管理が出来なければ休んで色々な人に迷惑をかけてしまいます、またそれだけ責任感がある証明でもあると思います。

社会人になれば普通は、風邪で休む事も簡単ではありません、学校と社会を同じだと考えている若者も多いいみたいでプロ意識を持ってもらいたいものです。

弊社にも今年になって2人ほど入っては直ぐやめていきました、何だかアルバイト感覚と言いましょうか、一生この仕事で食べていくんだと考えはない人が多いきがします。

少し愚痴っぽくなってしまいました・・・しかし熟練した弊社のスタッフは毎日毎日、朝早く出動し各現場マンパワーで頑張ってくれています。

そのおかげで、来年1月からの工事も着々と決まってきています、また10月11月にかけて色々な会社とも請負契約も交わせたので、来年は頑張れば頑張っただけ飛躍できるめどが立ちました。

こういった良い事の裏にも11月は大変残念なこともありました。

11月着工マンションの足場設置の日に約束した足場屋さんが無断で現場に来ませんでした、前の日も確認を取って明日の何時にお願いしますと念を押していたのにもかかわらず・・・今までも何回もお願いしている足場屋さんだったので信頼信用していたのに裏切られた気持ちでいっぱいです。しかし何を言っても、お客様から見れば、丸巧の責任には変わりありません。当方の注意不足です、またその日に直ぐに足場を対応できなく申し訳ありませんでした。お客様には大変なご心配、ご迷惑をかけ誠に申し訳ありませんでした。

このような事は二度と起こってはいけませんが、万が一の為、教訓とし、スタッフ皆で会議をしました。

大きなマンション等は労基等の問題もあるので自分たちで直接足場を組めません他力本願になってしまう代わりに、その時にリアルタイムに動ける体制を作りました、会社全体で行動し最悪の事態は防げるよう努力してまいります。

 

 

 

 

 

国民の祝日「文化の日」

国民の祝日について文献をひも解いてみました。

今日は昨日の文化の日の代休にあたります。

さて、では文化の日とは、どんな日であり、いつからそうなったのか、、、、。

文化の日とは「自由と平和を愛し、文化を進める日」と制定されているようです。

そして、11月3日になったのは、昭和21年に日本国憲法が公布され、その日本国憲法の

基調としているのが「自由と平和を愛し、文化を進めること」となっていることから、

11月3日を文化の日と定められたようです。

もともとは、明治天皇の誕生日であり、明治時代から天長節(天皇誕生日)という祝日だった

ようです。その後大正になり天長節も天皇の交代とともに日付がかわったようですが、11月3日

は明治節として昭和22年まで祝日だったようです。(23年から文化の日)

当初の日本国憲法の公布予定日を11月1日にという考えが政府には有ったようですが、GHQ

の反対を受けて11月3日になったという裏話もあるようですし、当時の吉田茂首相があえて

明治節の日を選んで公布したという説もあるようです。

おもしろ話として、同じ11月3日を「・・の日」と決めた団体が有ります。

1、まんがの日 (マンガを文化として認知してもらいたい)

2、レコードの日 (レコードは文化財と日本レコード協会が考えた)

3、文具の日 (文具と文化は歴史的にみて同義と文具協会が考えた)

おもしろいですね。

みなさんも、何かのきっかけとして文化に親しんでみませんか?

 

外壁塗装,屋根塗装,のことなら、低価格で高品質な施工が可能な丸巧にご相談下さい

http://www.maru-kou.jp/

施工エリア:東京 埼玉 千葉 神奈川