タグ別アーカイブ: 屋根塗装

今まさに施工中の現場

こんにちは、丸巧(まるこう)の小池です。

8月ももうあと10日あまりというのに、まだまだ毎日暑いですね!

皆さんも外出されることが多いと思いますが、「熱射病」「熱中症」にはくれぐれも

ご注意ください。宜しくお願いいたします。

さて、そんな真夏の太陽が降り注ぐ中、もっとも暑い作業の一つが屋根塗装です。

今回ここでは、頑張っている丸巧の仲間達を励ましたく、コラムにいたしました。

今現在、まさに施工中の現場、埼玉県狭山市のKT様邸です。

施工しています職人は当社の「まこっちゃん」の愛称で親しまれてる

施工管理課長の「大浦誠」です。プラーベートはもの事を大きな目線でみる

おおらかな正確ですが、仕事になると、後輩の面倒見の良い頼れる先輩で、また

丸巧(まるこう)の数ある現場の人員の配置など、しっかり的確にこなしています。

下記は8月19日・20日・21日のホットな現場写真です。

 

 勾配がきつい屋根です。 足場を掛けて作業開始です。

 

 

 

 洗浄作業中

 下塗り・中塗り・上塗りと塗装作業を進めて行きます。

 

 

 

 

 こちらのKT様も、ホームページをご覧いただきご成約いただいたお客様です。

屋根の塗料は、日本特殊塗料さんの遮熱塗料「パラサーモ」です。

最近は屋根は特に、皆様省エネ性も考えて遮熱塗料の塗装がほとんどになっています。

大浦と川崎の2人で施工に入らせていただいております。

特に直射日光の一番あたる暑い屋根の作業!「がんばっています」

大浦くん、川崎さん、「ありがとう!」といいたいです。

また、現場を回っている監督の山岸課長も、各現場ごと水分補給を差し入れし、

また、近隣への挨拶廻りの営業の山口課長、澤田課長、加藤部長も現場を

気遣いながら声を掛け合っています。

丸巧(まるこう)はいろいろなところで、みんなでタッグを組み、みんなで頑張っています! 

 

 

外壁塗装のご相談、お見積もりは、チームワーク抜群の安心施工の丸巧へ

http://www.maru-kou.jp/

施工エリア:東京都 埼玉県 千葉県 神奈川県

 

外壁塗装の適正知識

家屋で傷みやすく、雨漏れの原因になる箇所はどこでしょうか?

家屋もメンテナンスで最も低価格で雨漏りの対策が出来るのは塗装です

そして傷みやすい箇所は屋根です

もっとも痛みやすい屋根を塗装の力で守りましょう。

とくにこの暑い時期に同時に起きる台風、ゲリラ豪雨で雨漏りが発生する事も

少なくはありません。

手の施しようがないくらい屋根が傷んでいる場合は塗装の力では守る事さえできなくなり

ます。

傷みすぎている場合は、屋根を全て取り替える等の大きなリフォーム工事に発展する場合

もあります。

対策としては外壁塗装と同時期に屋根の塗装を行う、また塗装が出来ない屋根の場合は、

補修をするようにしましょう。

家屋のメンテナンスのサイクル時期は約10年前後を推奨いたします。

10年を過ぎていて、家になんの変化(不具合)がなくとも、10年に一度の定期検診は

必要です。

見落としがちな小さな変化が大きくなる前に、補修、修理することで、費用対効果にあう

外壁塗装や屋根塗装が出来るでしょう。

同じ金額のメンテナンスをしても、家屋の状態次第では保証できない場合もあります。

その場合はワンランク上の塗料を選んだり、下地(壁、屋根)の補修、修理、処理をする

ことで、高額な費用になる可能性は否めません。

外壁塗装の相場は80万円前後、屋根塗装は20万円前後で合計100万円前後の金額が

適正な価格と言えるでしょう。

適正価格の100万円前後の費用に対して、下地処理費は含まれていますが、大きな補修

などがある場合は、1.5倍以上の金額になることがあり、適正金額でないという理解よ

りも、下地処理が多いい事や、ワンランク上の塗料を使わないといけない場合で高額にな

る事があると知っておくことが大切です。

一度に家全体のメンテナンスが出来る塗装は最も費用対効果がある工事です。

 

 

 

 

 

 

外壁塗装は東京、埼玉、千葉、神奈川で施工が可能な丸巧へ相談!

http://maru-kou.jp/

 

 

 

 

 

 

 

雨漏れメンテ予約お早めに!

お盆前後で外壁塗装のご契約を頂きました、お客様から工事の時期を早めてほしいとの

依頼が増えていています。

ご相談内容ですが、雨漏れがしてきて、屋根だけでも急いでメンテナンスしてほしい、

その場合は、足場費用はダブルでかかってしまいますか?

早急に日程調整し工事対応いたします。足場の費用は外壁と一緒に施工させて頂きます

ので、ダブルで掛からないので、安心してください。

【夏場の雨漏れ】

雨漏りを少しでも気にされる方は、早めの調査、診断をすることで、特別扱いしてもらい

ましょう。

夏時期の雨漏れメンテナンス工事は各社フル稼働になるとも多いので、早めの予約が

必要です。また作業に必要になる足場材も不足してくるので、本当に困ってからでは、一時

的な補修修理しか出来ない事もあります、それでは余分な費用も掛かってしまいます。

どうぞ気になる事、お気づきな点がありましたら、早めに予約することをオススメ致します。

屋根塗装や雨漏れでご相談の方は東京近郊、埼玉、千葉、神奈川で施工が可能な丸巧

まで、ご連絡ください。

早めの調査、診断しておけば、見積り・調査結果が出ているので、お客様が

依頼するだけの状態ですので、メンテナンス優先順位が自然に上がります。

メンテナンスしなくても見積もりは当然無料ですので、テクニックの一つとして参考にし

てみてはいかがでしょうか。

 

 

 

外壁塗装や東京近郊、埼玉、千葉、神奈川でのメンテナンスは丸巧

http://maru-kou.jp/

 

 

 

 

 

電車の屋根に遮熱塗料を塗ったお話

今朝、ラジオの「今日の気になるコラム」で取り上げられていたお話を

ここで、してみようと思います。

細かな内容は、また調べて第二弾としてお伝え致しますが、

「京王電鉄」さんが、自社の車両の屋根に「遮熱・断熱塗料」を塗ったというお話。

いますでに「60両」の車両を塗り終わり、この先「60両」も取り掛かっている、とのこと

塗った車両と、まだ塗っていない車両とで比較してみたところ、冷房の費用が約7%削減

につながったそうです。

これを受けて、水面下で他社の電鉄会社さんも、その福岡の塗料会社さんに問合せをしている

とのラジオ情報でした。

昨日もこのコラムで書いたように、この先猛暑が考えられる電力消費ピーク時を考えて、

とても良い取り組みだと思いました。

私がここで取り上げた次の日のことで、とても感慨深いです。

また、細かい続報がわかれば、お伝えしたいと思っています。

 

 

ご自宅のメンティナンスを兼ねた、省エネ塗装工事をお考えの方は丸巧にお問い合わせを

http://www.maru-kou.jp/

東京 埼玉 千葉 神奈川 で安心施工の丸巧

屋根塗装の必要性

家屋の中で一番、雨や紫外線を浴びてる箇所は外壁ですか?

もちろん屋根ですね。

ここでは屋根塗装の塗替えの必要性を紹介します。

家屋は経年とともに古くなり、家全体に施されている防水効果なども低下し無くなります。

防水性が無くなるということは、屋根に直接雨水が浸透するということに問題があります。

ここで知ってほしいのは、屋根の塗膜は、一次防水であるということです。

その一次防水の効果は、紫外線や雨水によって失われます。

屋根塗装の効果は、一般塗料で10年前後、長いものでも15年前後と覚えておくといいでしょう。

その屋根塗装の効果が、経年し劣化し、失われたからと言って、すぐに雨漏れの原因になる事

は限りなく少ないでしょう。

なぜか?

屋根の下には、防水シートがあり、さらにその下には野地板があるからです。

なので直ぐに雨漏りの被害に遭うことは少ないと言えるでしょう。

その状態で放置しても、何ら問題なく住んでいられると思います。

【ただし油断は禁物です!】

安心して生活している中、家屋は様々な危険に蝕まれているのです。

それは、シロアリ、木腐菌の繁殖、屋根の下の防水シート、野地板の腐食

放置しておくと、このような最悪な問題が一度に全て起こる可能性が、

何十倍も増えてしまいます。

こうなっては、もはや、塗料で出来る、メンテナンスの限界を超えています。

家を建て替えるか全面総リフォームは、まぬがれないかもしれません。

私たち塗装屋は家のメンテナンス業者です。

屋根塗装の必要性は、塗料で家の一時防水の化粧をし、2次災害を起こさないためのメンテナ

ンス工事だということを知っておくことで、必要のある工事か知る事が出来るのではないでしょう

か。

 

 

外壁塗装や外壁リフォームのことなら低価格で高品質な施工が可能な丸巧

http://maru-kou.jp/

施工エリア:東京近郊、埼玉、千葉、神奈川での施工が可能です

 

省エネ屋根塗装

企業様から省エネ塗料のお問い合わせが急増中です。

企業様のお持ちの工場の屋根に断熱・遮熱の省エネ塗料を塗りたいというものです。

毎月かかる光熱費、固定経費をいかに減らせられるかの問題の対策として、お考えの企業様が

年々増えています。

ご相談内容で多いのが、建物が大きければ大きいだけ光熱費はかかってきますし、それだけ

の莫大の光熱費を削減できれば、また違った投資ができると考えられる会社様が多いです。

もちろん夏場の遮熱効果だけでも効果は抜群にありますが、一度の工事で費用対効果を発揮さ

せたい場合は、冬場の断熱効果も一緒に期待できる省エネ塗料も考えておけば、先々に後悔し

ない省エネ屋根塗装ができるのではないでしょうか。

 

 

 

外壁塗装や外壁リフォームのことなら低価格で高品質な施工が可能な丸巧

http://maru-kou.jp/

施工エリア:東京近郊、埼玉、千葉、神奈川で施工が可能です

 

 

 

 

太陽光発電する前に屋根塗装

株式会社丸巧は太陽光発電で有名な会社と業務提携をしています。

弊社は数多くの一般ユーザー様から家屋の塗装工事のご用命を頂いております。

しかしお客様から太陽光発電の事を聞かれても正直申しまして、100%の知識で

答えられません。また各種補助金の申請などの豊富な専門業者の知識がなければ、

お客様に納得し安心て工事をして頂けないと考えております。

そこで弊社がとったシステムが完全業務提携です。

弊社が中間に入らず、お客様に直接ご紹介させてもらっています。

また弊社で併用して屋根塗装を施工させて頂いている事で、プラスの安心も提供しています。

この会社は、メディアなどでも何回も取り上げられる会社ですし、業界では考えられない

保証体制万全で御座います。

1・工事保証・・15年

2・メンテナンス保証・・15年

3・自然災害保証(地震は対象外)・・10年

プラスメーカー保証

1・モジュール保証・・20年

2・システム保障・・10年

MITSUBISHI,Panasonic,TOSHIBA,SHARP,CIC長州産業株式会社、SOLARFRONTIER

HanwhaSolar,CanadianSolar,取り扱っています。

 

屋根塗装や外壁塗装で太陽光発電に興味がある方は丸巧にご相談ください

http://maru-kou.jp/

施工エリア・東京近郊、埼玉、千葉、神奈川で施工が可能です。

 

 

 

屋根塗装は足場をかけなくても出来ますか

出来ます! しかし大変危険です。

屋根の塗装をする際には、基本的には足場を設置し、

足場にメッシュシートと言う飛散防止ネットを張ります。

このシートは、落下防止にも役に立ちます。

質問者さんの内容ですと、かなりの危険が伴います。

例えば、近隣の家に塗料が飛散してしまう、車を汚してしまう、

と言ったところです。

出来なくありませんが、安全にも仕上がりにも価格にも、

あまり良い条件での塗装工事ではありません。

対策としては、外壁塗装を施工する際に屋根塗装も施工する。

屋根塗装も外壁塗装も10年メンテナンスが必要ですので、

同じ周期に施工することで安全に低価格な屋根塗装が施工できます。

 

外壁塗装・屋根塗装は東京都の丸巧みにご相談ください

http://maru-kou.jp/