外壁塗装の耐用年数

外壁塗装の耐用年数について塗料別にご紹介しています。外壁の劣化状況が気になってきたという方や、次回の外壁塗装のタイミングを考えているという方は参考にしてください。一般的な塗料の場合の耐用年数の目安をご紹介しています。

外壁塗装の塗料別耐用年数

外壁塗装の塗料別耐用年数

外壁塗装の耐用年数は塗料によって違う!?

一般的に塗料の種類によって外壁塗装の耐用年数が決まっていて、高価な塗料ほど耐用年数が長く、安価な塗料ほど耐用年数が短いという傾向があります。今回の塗装工事の費用が高くなってしまっても、比較的高価な塗料を使った方が耐用年数が長く、次回の塗装工事までの期間が長くなるので費用対効果が高いという事もありますので、塗料の種類でお悩みの場合はお気軽にご相談ください。
外壁塗装の塗料の種類は大きく分けて「フッ素系塗料」「シリコン系塗料」「ウレタン系塗料」「アクリル系塗料」の4種類がありますが、それぞれに塗料別の耐用年数の目安がありますのでご紹介します。

アクリル系塗料の場合の耐用年数

外壁塗装の塗料の中でも安価な塗料の種類です。
近年塗料性能が上がり、ほとんど住宅の外壁塗装では使われなくなってきています。
汚れやすく、耐久年数が少なく、とにかく安くしたいお客様や塗替えをこまめにするお客様にお勧めです。

  • 耐用年数:3~7年

ウレタン系塗料の場合の耐用年数

比較的安価な塗料なので費用を抑えて外壁を塗り替えたいという方にオススメの塗料です。
アクリル塗料の汚れやすい性質もカバーし、ウレタンならではの柔らかい性質で、伸縮性も上がり耐久年数も5年以上に改良された商品です。デメリットは、シリコンの登場で耐久年数の割に価格が高いことから、シリコンを選ばれるお客様が増えたことです。

  • 耐用年数:5~10年

シリコン系塗料の場合の耐用年数

最も主流で使われている材料です。シリコン成分によって汚れが付きにくく、耐久性も長く、長期にわたって美観を保てる塗料です。
いま最も人気のある塗料で、安定した耐久性とお手ごろ価格な塗料です。

  • 耐用年数:7~15年

シリコン系遮熱塗料

主流のシリコン塗料に遮熱性をプラスした省エネ塗料です。
熱中症の患者約60%以上が室内熱中症という事実もあり、季節関係なく丸巧の人気商品です。屋根裏温度最大80度から65度、15度も下げる遮熱性は室内を快適空間に致します。

  • 耐用年数:7~15年

光触媒・フッ素系塗料の場合の耐用年数

とにかく汚れません。長期にわたって美観を保つ最高峰の塗料です。光触媒はセルフクリーニングでホコリ汚れを勝手に流してくれます。しかし、雨が当たらない箇所は当然ほこりが溜まり汚れます。リペイントも光触媒しかできなくなります。両商品とも価格はシリコンの2倍以上とまだまだ高価な塗料です。

  • 耐用年数:12~20年
外壁塗装工事のプロがお客様のご要望にお応え致します。

pagetop